フットマッサージャーでずいぶんラクになった

20代後半に出産を経験し、育児と家事に追われる日々の中、ひどい足のむくみとそれからくる痛みに私は悩んでいました。
学生時代は若さからか、そのような症状は全くなかったのですが、20代前半に社会人になった頃から、徐々にむくみや痛みが出るようになりました。

会社ではストッキングにヒールのあるパンプスを履くことが常だったのですが、帰宅時には足が熱をもって腫れている様に感じるのです。
どんなに疲れていても夜のうちに足を揉んでおかないとと思うくらいでした。

結婚・出産を経て育児と家事に追われるようになると、むくみがひどくても疲れてそのまま倒れ込む様に寝るばかりで、自分の足をケアする時間も体力もなく、症状は更に悪化し、日中から足がむくみパンパンに腫れる様になっていました。

特に育児は自分の活動に制約が増えてしまいます。
座りっぱなし、立ちっぱなしなど同じ体勢を続けることも多いです。

足のむくみはそういうところから来ていると薄々気づきつつ、自分の為に時間も体力も割けない中で、私が頼ったのはマッサージ器でした。その頃丁度パナソニックのフットマッサージャーが発売されてちょっと気になっていたところ、ネットで偶々セールしているのをみつけ購入に至りました。

とにかくよかったのは固定式では無いこと。足つぼピースを外しておけば、マッサージをしながらコードの届く範囲内であれば、歩くこともできます(ピースをつけたままでは刺激が強すぎて私は歩けません)。

洗濯物を畳みながら、子どもを抱っこしながらマッサージしつつ、ちょこちょこ動かなくてはいけないことも多かった私にはとても助かりました。

それで痛みはぐっと軽減しました。
10分コースが基本なのですが、揉み込みや絞り上げなど、幾つかのメニューを3セットもやると、すっと足が軽くなりました。

根本的な解決ではないかもしれません。ですが、一時的にではあっても腫れがひき痛みが収まるだけで気持ちも本当に楽になりました。誰に迷惑をかけることもなく、マッサージのために自分の時間や体力を別に割く必要もなかったことも良かったです。費用はマッサージ器購入費の約13,000円です。

サプリはある種、お助けアイテムだと思っていますので、症状が軽減した今はとりあえず飲んでみたいとは思いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です